毎日が上振れ

基本的にはWSについてのお話

東京ネオスAブロック決勝 内容振り返り

f:id:happiness_ske_ysmy:20171120215620j:image

こんばんは、久しぶりの更新です。昨日11/19に行われたWGP2017東京地区で、僕はネオスタンダードAブロック決勝戦まで駒を進めることが出来ました。他ブロックの決勝を見てたからAは見てない、柵から遠くて見辛かったなどの理由からどんな試合だったか知りたいという声もあり、自分自身も反省及び振り返りとして今回は決勝戦の内容と場面ごとの思考を覚えている範囲で出来るだけ細かく書いていこうと思います。構築紹介でのデッキの回し方などはよく見ますが、実際の試合の1シーンの状況を細かく表して自分の考えを述べる記事はあまり見たことが無いので、自分ならこうするかなと僕の考えと比較しながら読んでいただくと面白いかもしれません。 

f:id:happiness_ske_ysmy:20171120215644j:image

 

 

タイトルは自分がラブライブ!サンシャイン!!で相手は扉とソウル+2のぷよぷよ

 

まずは自分のレシピから

f:id:happiness_ske_ysmy:20171120205343j:image

 

全力で出したパーは相手のチョキに見事破壊されたので先攻は相手

 

相手はソウル+2と何かの2枚マリガン、2枚引く前に間違えましたと言って扉とソウル+2を入れ替えたので手札にソウル+2があることを把握。
自分は扉2枚、レベル応援、逆圧縮、回復の5枚マリガン。

 

 

ターン1


クロックドローから0相殺登場、トップチェック落として攻撃され打点はドラ乗って3点

 

相手ストック1 ダメージ0-1

自分ストック0 ダメージ0-3

 

 

ターン2


手札は黄集中、ぷち花丸、身代わり、エレベーター、修羅場、扉の6枚。扉を置いてクロックドローして赤集中とガドフォールを引いた。この時点でこちらの公開領域にCXが3枚あるわけで、もし1パンでターンを返そうものなら返しにオカ研絡めた2〜3パンを仕掛けられ、相手がまだ0-3程度なのにこちらが1-3前後まで押し上げられる苦しい展開が予想されるので、手札的にもこのターンは3パンすることを決定。元々レベル0から多く攻撃がしたくて、それが出来るように構築したつもりなので後手1パンがそもそもコンセプトに合ってないという理由もありますが…

 

ぷち花丸を登場、捲れたのはエレベーターなのでぷち花丸はストックへ。ここで集中を捻るかどうか。エレベーターで回収する札を考えたとき、相手の1相殺を踏みつつ早出しのパーツを探しにいける暁が欲しいという結果に。現状控え室、クロックに暁が無かったため、外しても3パンが出来るように赤集中ではなく黄集中を捻る。暁は落ちなかったが集中が1ヒットしぷち花丸を回収し再びぷち花丸を登場、ここで美希が捲れた。これはかなり有難かったです。ストブを引けなくても次ターンにエレベーター効果使用して3パンすれば、修羅場採用型でよく見る上から4ストック目に美希がある状態に出来ます。身代わりを0相殺にぶつけて、身代わりエレベーターぷち花丸で攻撃し打点は2-2-2。4枚目の扉をここで捲ってレベル応援を回収、神に感謝。1つ止まった。

 

相手ストック1 ダメージ0-5
自分ストック3 ダメージ0-4

 

身代わりの効果でトップチェック、回復だったので下へ。

 

ぷち花丸は相手の1相殺にぶつけるために温存しておいて、赤集中を投げれば良かったかなと思います。

 

 

ターン3

 

クロックドローで0-6、再び0相殺が登場してトップチェック落とし更に赤の特徴応援が登場して同じくトップチェック落とし。オカ研を引かれなかったのはラッキーでした。マリガンでキープした3枚は恐らく0相殺、1相殺、ソウル+2と予想。0相殺はぷち花丸、特徴応援はエレベーターを攻撃され打点は1-1。

レベルが上がらなかったためエレベーターの回収択は広がらず、エレベーター自身を回収。

 

相手ストック3 ダメージ0-6

自分ストック1 ダメージ0-6

 

 

ターン4

 

通常ドローは早出し千歌、驚くほどに引きが強い。ガドフォールを置いてクロックドローでレベルアップ、手札は赤集中、修羅場、レベル応援、早出し千歌、エレベーターなので赤発生。暁とバウンス善子を引いた。前述した通り4ストック目の美希を達成するために集中のプレイは無し。相手のシグ集中を警戒し赤集中を中央に配置してエレベーター赤集中修羅場で攻撃し打点は2-2-2、2つ止まった。

 

相手ストック3 ダメージ1-1

自分ストック4 ダメージ1-0

 

 

ターン5

 

クロックドローで1-2、レベル応援暁が登場しドラコ集中3枚と1相殺が捲れ1相殺を回収。1相殺2面をエレベーター、赤集中の前、修羅場の前に運動神経抜群 美琴互換を置いてソウル+2を貼って攻撃され打点は1つドラが乗り3-4-3。3と4が止まった。山の残CX3/19だったため正直2-0前後まで覚悟してたので、ここの2キャンで思わずガッツポーズ。1相殺のCX連動効果で2枚控え回収する予定だったはずの相手は思わず苦い顔。

 

相手ストック5 ダメージ1-2
自分ストック2 ダメージ1-3

 

もう1ターンレベル1が出来たためにストックの美希が埋まりっぱなしになるので、その問題を含め次ターンの動きをどうするか考える。相手ターン終了時自分の山は9枚、内1枚はストブでボトムは回復、公開領域(ストック含む)に美希は3枚全て見えている。エレベーターで美希を回収して、それを置いてクロックドローをするプランに決定。

 

 

ターン6

 

通常ドローは黄集中、前述のプラン通り美希を置いてクロックドロー、ストブとレベル応援を引いた。引きキモの神、ここに舞い降りる。残り山は6枚、黄集中のパンプが出来ないことが確定。相手の山は13枚で残りCXは最大2枚。暁で2枚捲りストブを貼ろうと考える。手札はレベル応援2枚、早出し千歌、バウンス善子、暁、黄集中。バウンス善子はバウンスの効果はぷよぷよ相手では特に必要ないが、ソウル操作の点で必要になる可能性があるためキープしたい。ただ暁で黄集中を捨てて、出せるキャラが捲れなければ2パンになってしまうため、黄集中を捨てていいか公開領域を確認。ボトム除いた5枚はレベル応援、暁2枚、移動、エレベーターと判明。暁で黄集中を捨ててとりあえず2枚目まで捲る、レベル応援と移動が捲れた。この暁は4枚捲れば確実に暁を回収出来る、つまり相手の1相殺を2枚とも踏むことが出来る状況。移動であれば暁で捲るのを2枚で止めても自分のダメージ確定山は消せて、且つCXを8枚返せる。7戻りで1相殺を2面踏むか、8戻りで1面諦めるかの2択を迫られる。自分は移動回収の8戻りを選んだ。前ターン修羅場で空けたダイレクト面に移動、1相殺2面の前に暁と後ろにいた黄集中をぶつけてストブ貼って攻撃し打点は3-2-2。3が止まった。

 

相手ストック5 ダメージ1-6
自分ストック6 ダメージ1-4

 

振り返ると、ここが1番のプレイミスだったなと感じます。相手はこれまでオカ研をプレイしていない、アド集中はヒットしていない(場に出てすらいない)、CX連動効果も失敗している、ターン1、ターン3で出したキャラは全て倒されている。手札を増やす行為が全く出来て居なかったので、ここは暁で暁を回収して踏むべきでした。結果としては最悪で、この次のターンで再びソウル+2をプレイされてみすみす手札を増やさせてしまいました。1相殺を踏まなかった且つCX連動効果を使わせてしまったので2枚分相手に楽をさせてしまいました。暁を回収すれば必然的にボトムの回復をドラとして捲るため打点も3点が2つ確定するので2-0まで押し込めた可能性もあります。このミスが非常に大きかったと思います。

 

 

ターン7

 

山は残り5枚、クロックドローをするか否か暫し考えクロックドローして2-0。黄長瀬登場し効果は無し、後列のレベル応援暁を前に出して黄長瀬1相殺レベル応援暁でソウル+2を貼って攻撃され打点は3-4-4。移動で残り山1を落としリフレッシュ、非情にもCXが落ちる。4が1つ止まった。相手は CX連動効果でばっちぐーアミティの早出し条件キャラである画伯を回収。自分のクロックにレベル応援は落ちていない。相手もリフレッシュしCXが落ちる。

 

相手ストック8 ダメージ2-1

自分ストック6 ダメージ2-5

 

 

ターン8

 

通常ドローはガドフォール、どこまでもドローセンスが光る。レベル応援を置いてクロックドローをしてストブとエレベーターを引いた。手札はレベル応援、早出し千歌、バウンス善子、ガドフォール、ストブ、エレベーター。レベル応援と早出し千歌をプレイし、エレベーターを捨ててレベル応援の効果を起動、扉が捲れた。控え室に黄集中かぷち花丸があれば相手の1相殺を踏めたが控え室にあらず。レベル応援の効果で身代わりを回収し、黄長瀬の前に身代わりを置いて早出し千歌美希身代わりでストブを貼って攻撃。打点は千歌美希と攻撃し、美希は1を捲ったため3-1-3。ここまで通ったので身代わりはサイドアタックに切り替え、逆圧縮を捲りサイド2点が止まった。

 

相手ストック8 ダメージ3-1

自分ストック6 ダメージ2-6

 

 

ターン9

 

クロックドロー放棄。真宵さん登場から効果でばよえ〜んアルルをサーチ、ばよえ〜んアルル登場、画伯登場、ばっちぐーアミティ登場で5ルック、本来見せる必要は無いが大正浪漫を回収すると見せてきた。真宵さんと画伯を後列に残し、身代わりの前にばっちぐーアミティ、美希の前にばよえ〜んアルル(踏めてない)、早出し千歌の前に黄長瀬で攻撃され打点は2-2(+1)-1。ばよえ〜んアルルの2が止まりショット1は通る。3パン目の黄長瀬のトリガーチェック後、相手の山は13枚で残りCXは最大4枚、自分の山は11枚で残りCXは3枚。ガドフォールをプレイするかどうか暫し考え、プレイし4枚落下させCXが2枚落ちる。相手の山は9枚で残りCXは最大2枚。

 

相手ストック4 ダメージ3-1

自分ストック5 ダメージ3-3

 

ここのガドフォールのプレイは相手を倒すためではなく、次の自分のターン終了時までに相手の山からCXを無くすことを目的としてプレイしました。ソウル2はおろか扉さえも引かれるとまずい状況なのでCXを引かせないことを意識。6コストあればエレベーターを絡めて2点回復することも出来たので、そっちでもよかった気はします。

 

 

ターン10

 

ターン9で書き忘れたことがありました。身代わりが落ちた時のトップチェックは暁でした。先程のガドフォールで思いの外2枚もCXが落ちたので相手の山が2/9になったわけですが、ここでバウンス善子とCXを絡めた5-5-5で詰めに行くプランが浮かび上がってきます。トップチェックで捲れた暁を下に送ればCXは3/9。山にストブが2枚とドラが2枚も残っていたことと引かなかったときの裏目が怖くて勝負に出れませんでした。ばっちぐーアミティのXルックがあるためCXは引きやすいため、ぶっちゃけ詰めに行くべきだったと後悔してます。

 

本番は回復して3-2、相手の山からCXを消し、何とか1噛みまでで済むように神に祈って2/6、運が良ければ3/6の山でもう1ターン耐えるプランに決定。身代わりで捲った暁をそのまま上に残し通常ドロー。手札はバウンス善子、回復、暁。回復を登場させ、レベル応援の効果で暁を捨てて修羅場を捲ったので身代わりを回収。身代わりを登場させばっちぐーアミティの前に早出し千歌を置き攻撃し打点は1-3-3-4。3パン目にストブを捲った。3と4が止まった。とりあえずプラン通り3-2に戻して2/6の山に出来た。

 

相手ストック4 ダメージ3-5

自分ストック6 ダメージ3-2

 

 

ターン11

 

通常ドローでリフレッシュ処理を挟み3-6、ばよえ〜んアルルとばっちぐーアミティを登場させ、5ルックでソウル+2を引かれ無事死亡

 

f:id:happiness_ske_ysmy:20171120234543j:image

 

準優勝に終わりました。予選で負けるより何百倍も悔しかった。敗北が決まったときその場で暫くぽかーんとしました。

 

こう振り返ってみるとミスばっかりですね。まだまだ知識も経験も練習も足らないと、記事を書きながらひしひしと感じました。

 

読んでくださってありがとうございました。面白かったですかね?こういう内容の記事は果たしてウケる(需要ある)のだろうか…

 

 

 

勝つぞ

 

f:id:happiness_ske_ysmy:20171121102314j:image